苗場フィールド

宿泊プラン検索

苗場旅館組合 苗場観光協会 山乃湯ブログ フジロック

春夏秋冬、いつでも楽しめます。

スキーにスノボ、登山に紅葉、ゴンドラの旅…、充実のアクティビティや施設がいっぱい。
美しい自然に抱かれて、子供から大人まで楽しめます。

スノーフィールド

苗場スキー場のご紹介

豪雪地帯の湯沢地区のスキー場の中でも一番内陸側にあり、標高が高い為に良質の乾いた雪が降る大人気のスキー場です。初心者から上級者向けまでバラエティーに富んだゲレンデが存在し、美しい自然に囲まれながらスキーを楽しむ事ができます。
スキー・スノボー以外にも、お子様がいても安心な、世界初のインドア・キッズゲレンデやキッズスキースクールなども大人気です。

絶景のドラゴンドラ

苗場スキー場と田代スキー場をつなぐ世界最長の苗場田代ゴンドラ、略して「ドランゴンドラ。ドラゴンドラに乗りながら約分の空中散歩はいかがでしょうか。夏は青空とのコントラストが綺麗な新緑を。秋は目にも鮮やかな美しい紅葉を。冬には雪で一面が白く染まった荘厳な景色をご覧いただけます。
雲の上を行くスリリングなひとときをお楽しみください。
ちなみに、ドラゴンドラと命名したのは、あの「ユーミン」こと松任谷由実です。

スノーフィールド

天空の楽園―苗場山―での高山植物の競演に圧巻

苗場の山といえば「苗場山」。山頂からの眺望も登山の醍醐味ですが、苗場山にはちょっと違った楽しみがあります。山頂南西側の平坦面には湿地が形成され、小さな湖沼が点在しています。山頂の湖沼にはミヤマホタルイやヤチスゲが苗のように繁って苗代田のような外観を呈していることから、山名を「苗場山」としたとか。
*昌次新道コース
苗場スキー場付近から清津川をさかのぼり、秘湯・赤湯温泉を経て昌次新道を登り山頂に至ります。

インディペンデンスボードウォーク インディペンデンスボードウォーク

自分の手で、道を切り拓け!―インディペンデンスボードウォーク―

「ボードウォーク」を一言で言えば、森林を縫うように1.5kmほど続く木道です。でも尾瀬の木道のように人がすれ違うのもやっと、といった幅の狭い木道ではありません。車いすでも十分に通行できる幅2mほどの木道です。時折、脇を流れる渓流の水の音をBGMにしながら、森林浴を楽しんでみませんか。
ボードウォークは、板状の材木1枚1枚をつなぎ合わせて作られています。そして、その1枚1枚が苗場を訪れる人々からの1本1,000円の寄付からなりたっているのです。このボードには、寄付をした方がメッセージを残すこともできます。皆さんも苗場を訪れた思い出にメッセージを残してみませんか。

フジロックの歴代Tシャツなど

夏の一大イベントフジロックフェスティバルの協力宿として、参加事業者にだけ配られる歴代Tシャツなどを館内で保存しております。
1997年から開催されている夏の野外フェスの草分け的音楽フェスティバル。
1999年から、ここ苗場で開催されていますが、イベントに出店されているフードショップは、地元宿泊業や飲食業のスタッフが協力しているというのは意外と知られていません。山乃湯も毎年参加させていただき、イベントの盛り上げに一役買って出ています。ちなみに、参加スタッフにはオリジナルTシャツが配布されます。
入場の際に配布されるおしゃれなスケジュール表も、過去の歴史を感じさせます。

プラン詳細